tanakatosihide’s blog

一般社団法人officeドーナツトーク代表、田中俊英のもう一つのブログです✌️

共同親権・実子誘拐への口封じに声をあげる賛同のお願い

ライターの宗像さんが中心になって以下をお願いしています。僕も賛同人になりました。メールでのアクションなので少し面倒ですが、ご賛同いただければ幸いです。

 

以下、宗像さんが中心になって作成したお願い文をコピペします。

 

**

共同親権・実子誘拐への口封じに声をあげる賛同のお願い

このところ、共同親権や実子誘拐のテーマについて、報道機関に対し学者も含め口封じの圧力がかかっていて、新聞記事やテレビニュースにならない状況が続いています。
つきましては、声明文に多くの方のご賛同のお名前をいただくことで声を上げることを目的に、以下の内容で賛同を集めたいと思います。ご一読いただき、ご協力いただけますよう、よろしくお願いします。拡散歓迎です。

■賛同〆切 3月31日(木)
■賛同送付先 kuchifujino@gmail.com

ご賛同いただけます方は、以下の空欄に記載いただき、メール連絡先まで送付下さい。
個人、団体とも可です。お名前(団体名)と肩書を公表します。連絡先(メールまたは電話)は不明点の問い合わせのためです(公表はしません)。

いただいた賛同は、記者クラブほか報道各社に届けて記者発表するほか、呼びかけ人のサイト、SNS等で公表します。

お名前(or 団体名)
肩書
連絡先(メールまたは電話)

呼びかけ人
石井 政之(ノンフィクション作家)、田中 俊英(一般社団法人officeドーナツトーク代表理事)、西牟 田靖(ノンフィクション作家)、牧野
佐千子(ジャーナリスト)、宗像 充(ライター)

問い合わせ 0265-39-2067(宗像)*不在時は留守電に電話番号を残してください。


* * * * * 以下声明文案 * * * * *

実子誘拐・共同親権に関する公正報道を求める共同声明(案)

2022年2月21日、警察庁は各都道府県警宛に「配偶者間における子の養育等を巡る事案に対する適切な対応について」という文書を出しました。

親による子どもの誘拐について、場合によっては刑事罰の対象になることを示した判例とともに、同居時からの連れ去り、及び別居親による連れ戻しについて、被害の届出について適切に対処するよう求める内容です。

日本以外の諸外国では、“child abduction”実子誘拐として処罰の対象になる行為が、日本では放置されてきました。

この現状の中で、先の警察庁通知の持つ意味は大きく、内容の是非の議論はあるにしても、夫婦間の関係が悪化した場合において、どのような対処が法的に規制されるうるかについての規範の変更ともなりうるものです。

しかしながら、国民生活において大きな影響を与えるこの通知について、一部のネットメディアを除いて、その存在を公にして報じた新聞社、放送局は現在まで見当たりません。

過去、実子誘拐や共同親権についての記事が掲載され、番組が放送されると、大量の苦情がメディア企業に寄せられ、その中でネット上の記事が削除されることも見られました。問題となる記事や番組は、男性が加害者、女性が被害者という従来の報道姿勢に挑戦するものです。

また先の通知に関して報じたネット記事が掲載されると(「AERA朝日新聞発行)、修正されたことが記事中に明示されました。この記事に関して、詳細な正誤表がSNS上に出回り、記事を残すために言い回しまで忖度する編集サイドの姿勢がうかがい知れます。

これからの社会で、どのような制度や社会認識が作られていくのか、受け手が判断できるよう賛否両論についてメリット、デメリットを適切に報じ、さらにそこで出された論点の妥当性について評価しながら議論に資するのが、報道機関としての役割です。

にもかかわらず、ことこの問題については、苦情が来そうなので触れない、というイージーな判断を報道の公共性に優先する大手メディアの姿勢は明らかです。

このような姿勢が変わらなければ、公正な報道を続けようと奮闘するネットメディアの記事も孤立します。もはや報道機関全体が信用を失墜し、その役割を果たせなくなるのではないかと私たちは危惧しています。

社会にタブーを広げているのは、口封じのためにあなた方の会社に苦情を入れる人たちであり、同時に、マスメディアで働くあなたたち自身です。双方の主張の違いを人権侵害行為を報じない免罪符にしてはなりません。

私たちは新聞社や放送局が、男性を加害者としてのみ扱う報道姿勢を改め、実子誘拐や共同親権についての報道について、もっと積極的に取り上げることを求めます。

それは伝えるべきことを伝えるという本来報道に求められる役割にほかなりません。

呼びかけ人
石井 政之(ノンフィクション作家)
田中 俊英(一般社団法人officeドーナツトーク代表理事
西牟 田靖(ノンフィクション作家)
牧野 佐千子(ジャーナリスト)
宗像 充(ライター)

ドメスティックバイオレンスは完全断絶(支援措置)ではなく、可視化された「共依存支援」で

DVは「共依存」の一現象で、それはアルコール依存の夫婦やひきこもりの母子関係に普通に見られる暴力現象だ。

 

僕の専門のひきこもり支援では、大人のひきこもり息子が母親を定期的に殴る場合、以下のような対応をアドバイスする。

 

①警察を呼ぶ(これで暴力は止まる)

②問題は共依存なので、暴力を受けることの無意味さを支援者は母に説く

③それでも暴力が生じる場合、母は家を出て暴力を回避する

④その際、母の居場所(たとえば実家)を息子に伝え、「あなたを愛しているけれども暴力は否定する」と母自身から息子に明確に電話等で伝える

⑤夕食等は作りに母は自宅に戻るほか、電話やメールで定時連絡する

⑥暴力を定期的に振るう息子は、発達障害(凸凹含む)であることが多いので、専門支援者が粘り強く母子を別々に面談支援する

⑦やがて息子は実家を出て一人暮らしし、就労も含め自立する

 

あまり定式化してもよくないだろうが、たいていはこのバリエーションで解決する。

ポイントは、

 

共依存の自覚

④⑤母からの定期連絡と、暴力の否定

 

だろうか。アルコール依存を伴う暴力もその反復性は強力で、⑥の専門機関が当事者会や入寮になったりとより強制力があるだろうが、構図としては似ている。

また最近では「ハームリダクション(傷つきの漸進的減少)」の考え方も有力になっており、上のひきこもり支援に近づいているのでは、と想像する。

 

いずれにしろ、共依存関係は「関係そのものを断つ」やり方では、根源的解決はない。

関係を完全断絶しても、別のところで反復するだけだ。

 

誰が考えたのか知らないが、DV支援の支援措置(妻が完全に連絡を断ち行政がフォローする)は非常に浅はかな方法で、共依存の悲劇を別の関係性の中で反復するだろう。

 

「子の連れ去り(誘拐)」後の実母による児童虐待や、新しいパートナーとの間での共依存関係の反復がそれを実証している。

 

閉じた暴力であるドメスティックバイオレンスの構造の中に夫婦間の問題を発見し、それを顕在化させて支援することが、家族の構成員が今よりもベターな状態になっていけることにつながる。

 

その意味で今回、「連れ去り」が「略取誘拐罪」に再定義されたことにより、夫婦間支援の方法も、支援措置ではない可視化されたものへと再定義されることを願う。

オンライン ミニシンポジウム 「フェミニズムとDVと共同親権」 4月5日20時

オンライン ミニシンポジウム 「フェミニズムとDVと共同親権

 

 オンライン ミニシンポジウム「フェミニズムとDVと共同親権」を開催します。

以下は、共同主催者石井政之さん(ユニークフェイス研究所代表)の文です。

ご関心ある方はどうぞよろしくお願いします(officeドーナツトーク代表 田中俊英

 

 **

 

開催主旨

 

今年2月に、共同養育議員連盟Twitter警察庁の発言として、

 

「同居からの連れ去りか別居からの連れ戻しかを問わず、正当な理由がない限り未成年者略取誘拐罪にあたると明言。これを現場に徹底する」

 

と書き込みをしてから、共同親権と実子誘拐(拉致)についての議論がSNSなどで湧き上がっています。



共同親権の議論をするときに、

共同親権に反対している側から必ず出てくるのがDVの取り扱いです。

 

その反対する側の主張をまとめると以下のようになります。

 

共同親権に反対の理由

 

  • DV加害者から逃げるために、子どもを連れて家を出たに過ぎない。
  • DVには、身体的暴力だけでなく、精神的暴力が含まれる
  • DVには客観的な証拠がないものがあり、その立証をしていたら、DV被害者は生命が危険にさらされる。
  • DV被害者は女性で、加害者は男性、という視点で、共同親権に反対する。

 

これに対して、共同親権が必要だという人たちからは以下の反論がある。

 

共同親権に賛成の理由

 

「世界中が共同親権を制度化している。日本でも導入可能」

「DV対策と、共同親権は別の議論。諸外国では、DV対策と共同親権は両方ともやっている」

「DV加害者は、男性にも女性にもいる。女性だけがDV被害者である、という主張は事実では無い」

「女性が、子どもの連れ去りの犠牲者になっている現実がある」

「子どもを連れ去る親には、DV加害者がいて、最悪の場合、子どもが虐待されたり、殺害されるケースがある。子どもを守るために共同親権が必要」

 例 ひとり親、シングルマザーによる無理心中(実子殺人)

「証拠の無いDVを無批判に承認すると、DV冤罪が発生する」

共同親権に反対している人たちには、フェミニズムに影響を受けた人が少なくない。フェミニズム運動が、共同親権の制度化を阻んでいる」



実子誘拐(拉致)が国際問題になって久しい。

結婚した夫婦の3組に1組が離婚する時代。離婚する人生はありふれています。

離婚したときに問題になるのが、子どもの養育をどうするか。

ほとんどの国では、離婚したときに、子どもの養育を、共同親権で対応する。それが世界標準。

日本は、この世界標準の共同親権が制度化されていない。

国民的な議論も起きていない。

 

その背景には、日本社会に実子誘拐(拉致)という現実が、伝わっていないことがあります。端的に言えば、日本のマスメディアは、共同親権と実子誘拐(拉致)について消極的な報道でした。



共同親権研究会関西(共同代表 石井政之田中俊英)は、上記の 議論のすれ違いを、日本社会の中で可視化する必要がある と考えている。

 

 

話題提供

 

石井政之 ユニークフェイス研究所

田中俊英 一般社団法人 Officeドーナツトーク代表




開催日

 

2022年4月5日

午後8時から8時40分。休憩をはさんで、さらに40分間。

二部構成で進行します。




使用するツール

zoom

参加申し込みの人に、あとでリンクを送ります。



参加費

1000円

振込先は参加者に個別にメールします。



主催

共同親権研究会関西

 

#上野千鶴子さんの時代を終わらせたい

◾️隠蔽と私怨と

 

フェミニズムは都合よく隠蔽します。そのことこそが、旧来の偏狭なイデオロギーであることの証明ですね。

 

その思想の原点に「私怨」を公的に折り込むことも、不寛容なイデオロギーだと思います。

toroo4ever.blogspot.com

 イデオロギーではなく、もっと寛容でオープンな立場のフェミの出現が望まれます。

 

その意味で、日本のフェミニズムを象徴する上野千鶴子さんにはきちんと引退してほしいと僕は思っています。

 

上野千鶴子氏の引退」は、日本の文系大学の改編にもつながると期待します。

 

◾️現実主義でオープンな「ユーモア+寛容な女性系」思想を

 

「師匠」や派閥の存在など無視して、実力本位でのし上がっていく社会学者や哲学研究者を見てみたいですね。

旧来著名研究者を持ち上げる出版文化も終わってほしい。

 

くだらないけどある種おもしろい存在として「男性」を許し微笑み、

 

全体主義で不寛容な私怨フェミニズムを小馬鹿にし、

 

片方の親とそれを操る弁護士に誘拐された子どもの立場に立つ、

 

現実主義でオープンな「ユーモア+寛容な女性系」思想が望まれます。

 

上野千鶴子さんの時代を終わらせたい

 

 

哲学すると孤独になる〜僕の35年

今年は「共同親権後の社会」でも続くであろう「パートナーズの問題」を中心に哲学カフェしたいと思っています。

これが「子どもの潜在化」の問題にも光を当てることになると思います。そして「潜在性とコミュニケーション」は僕の臨床哲学のテーマでもあります。

(臨床)哲学を愚直に行なおうとすると、どうしてもイデオロギー(最近ではフェミニズム)の権力性と利権批判につながり、僕は「反動化した元リベラルの裏切り者」扱いされているようです。

古くは「さいろ社(既存の医療ジャーナリズムに乗らず独立系出版社/無広告でがんばった)」、記憶に新しいところでは「『待つ』支援からの乗り越え」(淡路プラッツ蓮井さんらとの共同作業))などがそうでした。いずれも僕(ら)は孤独でした。

現場の最前線でテツガクすると(これが僕の臨床哲学)、どうしても既存のムーブメントの超克(脱構築/メジャー内にあえて飛び込みその「穴」を突く)へと向かってしまいます。

実はあの高校内居場所カフェも、僕なりの臨床哲学であり脱構築なのでした(だからこそ、既存のセカンドプレイスの中にあえてサードプレイスを置きます)。

パートナーズカフェは、さらにその脱構築作業をポジティブに実践するものです。これが僕の臨床哲学であり,さいろ社、淡路プラッツドーナツトーク/となりカフェとほぼ10年ごとに訪れる実践の最前線ですね。そしてこれが、僕の事実上のラスト臨床哲学でしょう✌️

実は、イデオロギーを超えた新しい世界には、毎回いつも新しい友だちが待ってくれています✌️

 

パートナーズカフェ①報告「(夫が)責める/詰める」とは何か?

f:id:tanakatosihide:20220113194737j:plain

パートナーズカフェは哲学カフェのため、基本的に板書はしないが、必要最低事項と次回予告のみ書いた。

■「哲学カフェ」の手法

 

僕は2年前から「共同親権」について考えてきたが、2年前に比べてはるかに共同親権が知られるようになり、法制審議会においても法改正の議論が行われている。

 

そうして共同親権を考え続けてきて、「子どもファースト」であることは何よりも必要だとして、だがそれを阻むものがあると、結論づけている。

 

子どもファーストを阻むもの、それは、カップル(夫婦)に刻印された恨み/怨嗟/諦め/憎しみ等の、さまざまなネガティブな感情だ。

 

このそれぞれに刻印されたネガティブな感情を言語化し相対化しないと、子どもファーストは単なるお題目に終わってしまう。

 

その言語化の作業を、「哲学カフェ」の手法を用いて行なおうというのが、この「パートナーズカフェ」だ。

 

■負の感情のピラミッド

 

初回はあえてテーマを設定しなかったのだが、参加者で話し合ううちに浮かび上がったのが、

 

「(夫が妻を)責める/詰める」

 

とはどういうことか、という点だった。

 

これは夫婦間のコミュニケーションのなかで、ことばによって、夫が妻を責めているように(妻には)感じてしまう、それが「詰められている」と妻が苦しくなる、一連の場面を指す。

 

参加者がそれぞれの夫婦間での葛藤を語るうちに出てきたのが、この「(夫が)責める/詰める」だった。

 

それはいろいろな場面で現れるが、だいたいは妻が被害者感情を抱く。そして、日常の中でのこの「反復」が、夫婦の中で積み重なっていき、後戻りできない大きな負の感情のピラミッドのようなものとなる。

 

発達障害

 

この背景をさらに分析すると、互いの持つ「発達障害」的特性、境界性人格障害的特性、愛着障害的他者への不信感等が浮かび上がるのだろうが、そのレクチャーは哲学カフェには馴染まないため、それらへの深い言及は今回は避けた。

 

また、コミュニケーションの現象としては、セックスレスや里帰り出産などについても言及されたが、これは時間切れとなり、2回目以降テーマ化することになるだろう。

 

僕が想定していたものよりも、遥かに密度の濃い哲学カフェになったと思う。以降、隔月のペースで開催の予定で、2回目は「カップルにって『ハネムーン期』とは何か」というテーマで話し合おうと思う。

「カフェの力」を共同親権ムーブメントに〜「パートナーズカフェ」のはじまり

■「哲学カフェ」

 

先日、共同親権裁判でしばしはそのお名前を見聞きし、僕自身も加入する「共同親権研究会(西東京ほかがある)」でリーダーシップを取っていただいている古賀礼子弁護士とともに、共同親権をすすめるための「合宿」に僕は参加した。

 

何人かの別居親の方々や、それらを応援する人々ともに有意義な時間を過ごしたのだが、最後に出てきた話題が、共同親権ムーブメントの中でも「カフェ」を取り入れていこう、ということだった。

 

カフェのムーブメントとは、おそらく20年ほど前に日本に導入された「哲学カフェ」から始まる。

 

これを日本で最初に導入したのが大阪大学大学院「臨床哲学」教室であり、それを主催するのが高名な鷲田清一教授でもあったことから(のち総長)、わりと短時間で「哲学カフェ」は日本に広がっていった。

 

そこには利害が絡まないこと、名称に「哲学」がついているわりには参加しやすかったことなどから、いまでは大阪大学を超えて日本中あちこちで開催されている。

 

僕はゼロ年代はじめ、その臨床哲学教室の大学院生で、パリに留学中の同教室のH先生の導きで、本場の哲学カフェも体験したことから、仕事の多忙さで同大学院とは離れてしまったものの、なんとなく今日に至るまで哲学カフェとはつながりがある。

 

■「カフェ」と自由

 

哲学カフェを正確に定義づけるのは難しいが、あえて羅列してみると以下のように説明できる。

 

1.我々の常識を「カッコ」に入れる

2.誰かがしゃべっているときは、「耳を澄まして」聴く

3.ひとりで長々としゃべらない。「語りのつらなり」を意識する

4.哲学の専門知識は不要

5.熟練のファシリテーターが必要

 

等になるだろう。こう書くと簡単そうだが、5.のファシリテーターの力量で深まることもあれば、語りそのものが崩壊することもある。

 

何よりも、それぞれの常識(価値や規範)からある程度「自由」になることを意識する、そのことが重要だ。

 

■高校内居場所カフェ

 

この哲学カフェに加えて、「サードプレイス」的要素を含んだ場所づくりも必要だ。

 

ファーストプレイスは家族、セカンドプレイスは職場や学校/授業であるが、このふたつを超えたサードプレイスを設定することが、我々の日常にとって必要であると、僕はたびたび書いたり発言してきた。

 

そのひとつが、高校内に「居場所カフェ」をつくり、生きづらさを抱えるハイティーンたちをやわらかく支える、高校内居場所カフェの取り組みだ。

 

その「一号店」である、大阪府立西成高校の「となりカフェ」は今年で10周年を迎える。

 

その10周年イベントは先日盛況の中終わり、また、同様の試みは全国に60校ほど広がり、明石書店より単行本学校に居場所カフェをつくろう!も発行された。

 

街中ではなく、生徒たちにとってセカンドプレイスである学校のなかに、あえてサードプレイスをつくる。そのアクセスのしやすさが、生きづらさを抱えるハイティーンをサポートする。10年たって証明され始めた効果が、この試みには確かにある。

 

■「カフェの力」

 

規範からの「自由」や、サードプレイスでのくつろぎ、こうした要素には何らかの「力」があるようだ。

 

この「力」を、僕は「カフェの力」と名付けようと思う。自由の力でも、サードプレイスの力でもいいのだが、やはり10年続いてきたその力の効用に敬意を払い、「カフェの力」としたい。

 

この「カフェの力」を、共同親権ムーブメントに合流させる。

 

これまでは、「権利」としての法的言説、vs単独親権としての議論的言説、世界の潮流である共同親権に近づけるための政治的言説、として共同親権は語られてきた。僕が想定した速度よりはだいぶ遅いものの、時代の流れとしては、共同親権が親権システムの中心になることは間違いないだろう。

 

だからこそ、時間はややかかるだろうが、これから法的システムに組み込まれていく共同親権を、「自由」や「居場所」論的に、思想的に語り合う時期がついに到来したのではないだろうか。

 

そしてそのテーマを、間口の広い「パートナーズ」を考えることにまずは設定する。カップルや夫婦ではなく、パートナーズ。また、あえて複数形にする。

 

おそらく、親権が法的に共同親権として設定され、離婚が今よりもさらに法的に整えられていくだろうこれからの時代、そうした法学や社会学等では語りきれない根源的語りが求められるようになると僕は思う。

 

そうした根源的語りを実的に行なうためのシステムとして、「カフェの力」を借りてみたい。

 

そして、まずは「パートナーズカフェ」として、恋愛期はもちろん、倦怠期・空気期・離婚期・破滅期・「新局面」期(新しい関係性の時期)等々、パートナーズをさまざまな局面から語る。

 

この行為が、「サバルタン」である子どもたちにも光を当て、別居親なども含めて、全員が顕在化できることにつながるのでは、と僕は思う★